探偵の歴史や特徴

探偵の歴史について

探偵に似た仕事自体は明治以前から登場していたのですが、明治時代になってから認可制になり、警察から許可を得て運営するという形になったのです。その起源はヨーロッパにあると言われていますが、日本に探偵が登場する200年前には存在していたという歴史があります。 そのあと、探偵がドラマなどでも取り上げられるようになって、人気も高まると同時に利用者も増えてきたのです。そして昭和後期からは探偵のサービスも多様化するようになって、調査だけでなく相談にのったり、DVの被害者の逃亡をサポートするといったようなことも増えています。 インターネットが発達した今では、探偵もインターネットでの相談。依頼受付を行うケースが増えてきていて、さらなる多様化が進んでいると言える状況です。

調査サービスの特徴

探偵業者のサービスが持っている特徴として、価格基準が設定されにくく、一般人からはわかりにくいという特徴があります。調査にしても、その調査方法や調査を行うスタッフ、調査にかける期間などのスケジューリングはまったく異なります。 基本的には依頼主からの依頼を達成するというのが最大の目的で共通の目的ではありますが、プロセスが異なれば、料金や調査期間も変わります。また、依頼した通りの調査結果を得られたかどうかによって、支払う料金額が変わるようなこともあるのです。 ですから、探偵に依頼する前には探偵業者には大きな違いがあることを把握した上で、調査依頼する探偵事務所をいくつかの中から選ぶといった方法も知っておく必要があります。